はじめに

深度合成を用いて撮影した昆虫をタイトル通り”ためつすがめつ”、様々な方向から掲載し紹介していきたいと思います。同定間違い、学名等の間違い、どんどんご指摘ください。今後ともよろしくお願い致します。

画像の無断使用はご遠慮願います

2018年4月15日日曜日

標本写真 2018.4.1 ホソチビヒラタエンマムシなど

   画像はサムネイルですので、クリック(タップ)してご覧ください。

 今回はこのような新鮮なアカマツPinus densifloraの伐採木の樹皮下から得られたものを紹介する。

オサムシ科 Carabidae
ミズギワゴミムシ亜科 Bembidiinae
コミズギワゴミムシ族 Tachyini
クロチビカワゴミムシ
Tachyta (Tachyta) nana (Gyllenhal, 1810)
クロチビカワゴミムシクロチビカワゴミムシ

 体長約2.7mm。この属は古くは近縁属とともにTachys属とされてきたようだが、その亜属が昇格し属になっている。ミズギワゴミムシの仲間ではあるが、水辺ではなく樹皮下に住む。サクラの樹皮下からも得たことがあるが、そちらも新鮮なものであった。まだ瑞々しい材を好むのかもしれない。見た目はただの小さなゴミムシなのだが、表皮の構造は細かいしわが入り、鮫肌のようである。また、触角や脚以外は細い毛があまりなく、代わりに目立つ剛毛が数本生えている。暗闇の樹皮下ではこの剛毛がなんらかのアンテナの役割を果たすのだろうか。
【参考】
中根猛彦,1973‐1987.日本の甲虫(抜粋).昆虫と自然.
上野俊一・黒澤良彦・佐藤正孝(編), 1985.  原色日本甲虫図鑑(II). 
森正人,2016.兵庫県のミズギワゴミムシ類.きべりはむし.

エンマムシ科 Histeridae
オオマメエンマムシ亜科 Dendrophilinae
チビヒラタエンマムシ族 Paromalini
ホソチビヒラタエンマムシ
Paromalus Paromalus) parallelepipedus (Herbst, 1792)
ホソチビヒラタエンマムシホソチビヒラタエンマムシ

 体長約2.4mm。この種は新鮮なアカマツからも、菌が回った古いものからも得られた。あまり細かい環境にはこだわらない種なのかもしれない。エンマムシの仲間は頭や脚を引っ込めるのが上手で、この種も見つけた時にはただの楕円形の黒い点にしか見えなかった。小楯板はほぼ消失し、上翅に溝もない。点刻はあるのだが、なんだかつるっとした印象を受ける。
【参考】
大原昌宏,1996‐2001.日本産エンマムシ上科概説 I-X.甲虫ニュース.
上野俊一・黒澤良彦・佐藤正孝(編), 1985.  原色日本甲虫図鑑(II). 

カッコウムシ科 Cleridae
カッコウムシ亜科 Clerinae
アリモドキカッコウムシ
Thanasimus lewisi Jacobson, 1911
アリモドキカッコウムシアリモドキカッコウムシ


 体長約10.0mm。この種は厳密には樹皮下ではなく、伐採木の上を歩き回っていたのを採集した。幼虫は樹皮下に住むことが知られているという。”アリ”もどきという名前がついてはいるのだが、アリにしては大きすぎるし太いと感じる。似ているといえばアカネカミキリとほぼ同じ配色であり、どちらかが似せているのだろうか。上翅は赤・黒・白と彩られているが、地の色が異なるだけでなく、毛の色や太さが違うのも面白い。腹部腹面の鮮やかな赤色も美しい。
【参考】
黒澤良彦・久松定成・佐々治寛之(編), 1985.  原色日本甲虫図鑑(III). 

ネスイムシ科 Monotomidae
デオネスイ亜科 Monotominae
Monotomini
コバケデオネスイ
Mimemodes japonus (Reitter, 1874)
コバケデオネスイコバケデオネスイ

コバケデオネスイ

 体長約2.0mm。1、2枚目はオス。3枚目はメス。この属の特徴として、オスは頭部が大きく張り出す。属和名がオバケデオネスイ属なのだが、この種はその中で最小。よって、小さいお化けという意味でコバケなのだろう。細長い体形ですばしっこく動くので、肉眼ではハネカクシの仲間かと思った。どちらかといえば南方種であまり多くないと資料にはあるが、岐阜県でも記録はいくつかある。特徴的に感じたのは、腹部腹面に生えている長毛である。人間でいえばへそにあたる部分だが、ここに毛が生えている意味はなんなのだろうか。
【参考】
平野幸彦,2009.日本産ヒラタムシ上科図説第1巻.
黒澤良彦・久松定成・佐々治寛之(編), 1985.  原色日本甲虫図鑑(III). 

2018年4月2日月曜日

標本写真 2018.3.18 ケナガナガツツキノコムシなど

 画像はサムネイルですので、クリック(タップ)してご覧ください。

ツツキノコムシ科 Ciidae
ツツキノコムシ亜科 Ciinae
ツツキノコムシ族 Ciini
ケナガナガツツキノコムシ
Nipponocis tongisetosus Nobuchi, 1955


 体長約4.6mm。写真のようなキノコのついた立ち枯れから多数得られた。キノコはおそらくカワラタケの枯れたもので、全体に白く朽ちている。ほかの虫はあまりいなかったが、この虫だけはやたらといた。本種はツツキノコムシの中でもかなりの大型種だそうだ。毛むくじゃらの体は体色も相まって、まるでキウイフルーツのようにも見える。少ないと資料にはあるが、あまりそうは感じない。
【参考】
川那部真,2003ー2005. 日本産ツツキノコムシ科検索図説 I-VIII. 甲虫ニュース.
黒沢良彦・久松定成・佐々治寛之(編), 1985.  原色日本甲虫図鑑(III). 

ゴミムシダマシ科 Tenebrionidae
ゴミムシダマシ亜科 Tenebrioninae
カブトゴミムダマシ族 Bolitophagini
(カブトゴミムダマシ亜族 Bolitophagina)
マルカブトゴミムシダマシ
Bolitophagiella pannosa (Lewis, 1894)


 体長約4.7mm。雑感については以前取り上げたものを参照されたい。腹面がまでゴツゴツと硬そうで、翅が厚い。ついていたキノコはクロサルノコシカケだろうか。昼間に姿はあまり見えないが、夜にはたくさんいた。
【参考】
秋田勝己・益本仁雄,2016.日本産ゴミムシダマシ大図鑑.
黒沢良彦・久松定成・佐々治寛之(編), 1985.  原色日本甲虫図鑑(III). 


ホソクチゾウムシ科 Apionidae
ホソクチゾウムシ亜科 Apioninae
Piezotrachelini
ヒゲナガホソクチゾウムシ
Pseudopirapion placidum (Faust, 1887)


 体長約2.5mm(吻含まず)。ホソクチゾウムシの仲間では一番普通に見られるのが本種ではないだろうか。フジのつぼみに多いとされ、3月半ばには確認できた。検索表をたどると、上翅にほとんど毛がないとなるが、実際は短い毛がまばらに生えているようだ。口吻の下側には点刻をともなった溝があり、なんともかっこよい。
【参考】
林匡夫・森本桂・木元新作(編), 1984. 原色日本甲虫図鑑(IV). 
日本産ゾウムシデータベース http://de05.digitalasia.chubu.ac.jp/ 2018.4.1 閲覧

ゾウムシ科 Curculionidae
アナアキゾウムシ亜科 Molytinae
Trachodini
ナカスジカレキゾウムシ
Acicnemis suturalis Roelofs, 1875


 体長約3.8mm(吻含まず)。写真の枯れ枝を叩くと数頭落ちてきた。ヤマフジの枯れ茎を食べるようなので、枝に絡みついているのはヤマフジなのかもしれない。全身みっちりと鱗片に覆われているが、頭部、特に下面は鱗片がない。また、ところどころに立った鱗片があり、まるで鳥の飾り羽のようである。色合いは地味だが、よくよく見ると濃淡があり美しい模様である。
【参考】
林匡夫・森本桂・木元新作(編), 1984. 原色日本甲虫図鑑(IV). 
日本産ゾウムシデータベース http://de05.digitalasia.chubu.ac.jp/ 2018.4.1 閲覧

2018年2月17日土曜日

撮影機材 WeMacro rail

 深度合成撮影をする際、標本またはカメラを少しずつ動かす装置(微動装置)が必要となる。
今回私は『WeMacro rail』という装置を購入した。日本語で紹介されているホームページなどを知らないため、ここで紹介する。
 昆虫の標本写真に限らず、深度合成撮影をする方の参考になれば幸いである。
なお、深度合成撮影自体については以下に詳しいので参照されたい。

丸山宗利『小型昆虫の深度合成撮影法』月刊むしNo.473 2010年7月号
日本自然科学写真協会(SSP)監修 『超拡大で虫と植物と鉱物を撮る―超拡大撮影の魅力と深度合成のテクニック』 文一総合出版 2017年

1 wemacro railとは

 WeMacro railは、自動微動撮影装置の一つである。WeMacro社(中国)のサイト
http://www.wemacro.com
より購入できる。大きな特徴としては、スマートフォン(iPhone及びAndroid)で制動ができる。
 自動微動撮影装置を簡単に説明すると、決められた範囲を、決められた間隔でレールが移動する。それにカメラが連動し、自動でシャッターを切るというものである。手動では煩わしく、また気を使う作業を自動で行えることにより、写真撮影の負担が大幅に減ることになる。
 類似の商品として、Cognisis社のstackshotがある。こちらは制動に特製のコントロールユニットを用いる。また、撮影方式もWeMacro railより多いようだ。
 両者の最たる差は価格にある。WeM acro railは、stackshotの半額以下(2018年2月現在)で購入できる。

2 購入方法

 WeMacro 社のHPより購入できる。
MENU → Extream Macro shop →WeMacro rail and accessories と進み、

WeMacro rail (100mm type,with battery box for outside)を選ぶ。

 ここでは2つ購入者が選択をする箇所がある。
  1 shutter cable
   装置とカメラを結ぶケーブルである。使用する機種に対応するものを選ぶ。
  2 power supply
   電源プラグ(コンセント)である。これは日本と共通規格であるUSを選択する。

   変圧器などを用意する必要はない。
 その他、撮影に役立つアイテムが多数販売されているので、必要に応じて購入すればよいであろう。
 支払いはクレジットカード又はPayPalである。

3 セット内容及び設置方法

 以下の説明書を参照。
http://www.wemacro.com/wp/wp-content/uploads/quickguidev1.3.pdf
 セット内容としては、これに充電式のモバイルバッテリーがつく。
私は今のところ三脚に設置しているが、コピースタンドに設置した方が安定性がありよいかもしれない。



4 スマートフォンからの制動

 WeMacro railの大きな特徴である、スマートフォンからの制動を説明する。私はiPhoneユーザーなので、iPhone (iOS11.2.5)を例にし説明する。
 まず、専用アプリ(WeMacro)をダウンロードし、インストールする。
 コントロールボックスとスマートフォンをBluetooth接続すれば、アプリを通してスマートフォンで制動が可能になる。
 アプリはシンプルで、二つの画面から構成される。以下、一つずつ項目を解説する。

画面1(設定画面)

 2つの撮影モードがある(⑥で切り替える)。なお、1um=1μm=0.001mmである。


 ①WeMacro settings
 設定の読み込み及び保存。ロードとセーブ。メニューには3つの項目がある。
 Load:保存した設定を読み込む。
 Save:上書き保存。現在の設定に新しい値を入力し、更新する。
 Save as:新規保存。新しく入力した値を、新規の設定として保存する。

     名前をつけるが、最後に拡張子の.wsを忘れずにつける必要がある。

 ②Settle time
 シャッターを切ってから装置が移動するまでの時間。

 ③Shutter per step
 そのステップでシャッターを切る回数。

 ④Interval of shutters
 シャッターを切る間隔。シャッターを切る回数が1回のときは、①と③の合計が次のシャッターを切るまでの時間となる。

 ⑤Backlash
 直訳すると反動であるが、どの挙動を制御するか判然としない。私は初期値から変更していない。

 ⑥Run mode
 撮影方式を以下の2つから選択する。
 distance:始点を設定し、設定した距離を設定したステップ(微動)回数で等間隔に撮影していく方式。
 start to end:始点と終点を設定し、その間を設定した間隔で撮影していく方式。

 ⑦Step length
 1回のステップで動く距離。以下の2つのモードがある。
 mm(fast):最小移動距離1mm。高速でレール上のカメラを動かす。主に始点や終点を指定する際に使う。作動音が大きい。
 um(slow):最小移動距離0.001mm。低速でレール上のカメラを動かす。主に撮影の時に使う。作動音は小さい。

 ⑧Total distance
 始点から終点までの距離(distanceモード時のみ)。

 ⑨Total step
 始点から終点までのステップ回数(distanceモード時のみ)。

 ⑩When finished
 beep:撮影終了時に音で知らせる。
 return:撮影終了時に始点までカメラを戻す。

 ⑪Confirm:設定の適用。これを押さないと、設定した値で動かない。

画面2(制動画面)


 以下①〜④は、画面1の⑦で設定したモード及び値で動く。

 ①Step backward
 1ステップ分カメラを後退させる。

 ②Step forward
 1ステップ分カメラを前進させる。

 ③Backward
 ボタンを押している間、カメラを後退させる。

 ④Forward
 ボタンを押している間、カメラを前進させる。

 ⑤As start / As end
 As start:始点を指定する。撮影は進行方向から見て後方からしかできない(Forwardの動き)ため、注意する。
 As end:As startを押すとこちらに表示が変わる。終点を指定する。

 ⑥Calibrate
 始点と終点を設定した後に押すと、撮影距離、ステップ回数、必要時間が下に表示される。

 Run/Stop
 Run:撮影を開始する。
 Stop:Runを押すと表示が赤くなり、こちらに変わる。押すと一時停止をする。再度Runに表示が変わるので、もう一度押すと、その場から再作動する。

⑧Shutter
その場でカメラのシャッターを切る。レリーズと同じ役割。

5 実際の撮影(start to endモード)

 ここでは、私の撮影方を順を追って説明する。実際の撮影の雰囲気を感じて頂きたい。なお、カメラはCanon Eos 70Dを使用している。
 ①各種機器の電源を入れる。
 ②カメラはライブビュー撮影モードにする。標本の位置を調整したり、始点終点の設定はカメラのモニターで確認する。
 ③撮影後の画像確認をoffにする。onにした場合、画像確認から撮影画面に戻るためにシャッターの信号が使われ、2ステップに1回しか撮影されない。
 ④標本をセットする。
 ⑤アプリを開き、画面1のStep lengthをmm(fast)に設定(値は何でも良い)し、Confirmを押す。
 ⑥画面2にし、Forward又はBackwardを押し、始点の大まかな位置と標本の位置の調整を行う。この際、必ず始点を進行方向からみて後方に設定する。
 ⑦画面1にし、設定を入力、またはLoadする。Step lengthをum(slow)にするのを忘れない。Confirmを押す。
 ⑧画面2にし、始点の微調整をし、As startを押す。この際私は、全体がボケる程度の場所を始点にする。
 ⑨Forward又はStep forwardで場所を調整し、終点を指定する。行きすぎた場合はBackward又はStep backwardで戻る。この際も私は、全体がボケる程度のところを終点とする。
 ⑩Calibrateを押し、Runを押す。
 ⑪撮影が終わったら画像を確認する。特に最初と最後に合成に必要のない写真があれば消去する。

以上が流れである。慣れればすぐに準備ができるようになるであろう。
一度導入してしまえば、その後の撮影が大幅に簡単になる。ぜひ使って頂きたい。

2017年12月18日月曜日

標本写真 2017.7.28① トウキョウムネビロオオキノコなど

  画像はサムネイルですので、クリック(タップ)してご覧ください。

コガネムシ科 Scarabaeidae
ハナムグリ亜科 Cetoninae
カナブン族 Goliathini
(カナブン亜族 Goliathina)
カナブン
Pseudotorynorrhina japonica
 (Hope, 1841)
カナブンカナブン
カナブン
2015.6.21 撮影
 体長約27.5mm。原色日本甲虫図鑑第2巻ではアオカナブンなどと同じくRhomborhina属となっているが、後基節の違いなどから別属になっている。夏場の樹液の常連客。樹液が滴るその中に顔を突っ込んでどん欲に樹液を貪っている。樹液が出ている木で見つけないほうが難しいぐらいの普通種だが、色彩は変化に富んでいて見ていて飽きない。カナブンを漢字で書くと『金蚊』だそうだ。羽音がやたら大きいので、蚊に例えられたのだろうか。
【参考】
岡島秀治・荒谷邦雄(監修), 2012. 日本産コガネムシ上科標準図鑑. 学研教育出版, 東京.

カッコウムシ科 Cleridae
サビカッコウムシ亜科 Thaneroclerinae
ヨツモンチビカッコウムシ
Isoclerus pictus Lewis, 1892
ヨツモンチビカッコウムシ
 体長約3.0mm。キノコで得られたが、キノコを食べているわけではなく、キノコに集まる虫を捕食するプレデター。小さいながらも非常に美しい模様をしている。前脚跗節が広がっているのはすべり止めだろうか。なお、サビカッコウムシ亜科は独立科として扱われることもあるようだが、和文でそれに言及しているものが見つからないので、ここでは従来通りカッコウムシの1亜科としておく。
【参考】
黒沢良彦・久松定成・佐々治寛之(編),1985.  原色日本甲虫図鑑(III). 保育社, 大阪.

オオキスイムシ科 Helotidae
ヨツボシオオキスイ
Helota gemmata Gorham, 1874
ヨツボシオオキスイヨツボシオオキスイ

 体長約14.8mm。この個体は雌。雌雄二形で、雌は上翅先端が尖る。この科の昆虫は日本で3種しか確認されていないが、特にこの種に関しては、樹液によく集まるので簡単に見つかる。名前の通り、ヒラタムシ上科の昆虫としてはとても大きいと思う。かなり金属的な雰囲気があり、背面から見ると金属製に見えるが、腹は鮮やかな黄色で、そこだけ雰囲気が全く違う。
【参考】
黒沢良彦・久松定成・佐々治寛之(編), 1985.  原色日本甲虫図鑑(III). 保育社, 大阪.

オオキノコムシ科 Erotylidae
オオキノコムシ亜科 Erotylinae
トウキョウムネビロオオキノコ
Microsternus tokioensis  Nakane, 1961
トウキョウムネビロオオキノコトウキョウムネビロオオキノコ

 体長約4.1mm(1枚目)、3.8mm(2枚目)。腹面は1枚目と同一個体。美しいオオキノコムシ。ミイロムネビロオオキノコに似るが、斑紋パターンが異なる。原色図鑑ではまれとなっているが、多産する場所を発見した。2枚目はかなり黒化が進んだ個体で、まるで別種のように見えた。なお、原色図鑑に図版は載っておらず、検索表にしか記述がない。
【参考】
黒沢良彦・久松定成・佐々治寛之(編), 1985.  原色日本甲虫図鑑(III). 保育社, 大阪.

ケシキスイ科 Nitidulidae
ケシキスイ亜科 Nitidulinae
ケシキスイ族 Nitidulini
アミモンヒラタケシキスイ
Ussuriphia 
hilleri (Reitter, 1877)
アミモンヒラタケシキスイアミモンヒラタケシキスイ
 体長約3.9mm。原色図鑑ではキノコヒラタケシキスイと同じPhysoronia属だが、ケシキスイ類の研究者、久松定智博士のHPである『CLAVICORNIA』によれば、属が分離したようである。ケシキスイ科にはヒラタケシキスイ亜科があるが、そちらに属していないのでややこしい。キノコに来ると図鑑にはあるが、樹液で採ったような気もする。色合いは地味だが、網目模様がかっこいい。
【参考】
黒沢良彦・久松定成・佐々治寛之(編), 1985.  原色日本甲虫図鑑(III). 保育社, 大阪.
CLAVICORNIA https://sites.google.com/site/nipponnokeshikisui/ 2017.12.17 閲覧

ホソクチゾウムシ科 Apionidae
ホソクチゾウムシ亜科 Apioninae
Kalcapiini
ヒレルホソクチゾウムシ
Sergiola (Golovninia) hilleri (Schlisky, 1902)
ヒレルホソクチゾウムシヒレルホソクチゾウムシ
 体長約2.0mm(吻含まず)。原色図鑑ではホソクチゾウムシは皆一緒くたにApion属に放り込まれていたが、ゾウムシデータベースを見るとかなり細分化されたようだ。このホソクチゾウムシは全身が褐色の毛で覆われ、触角が赤っぽいことが特徴のようだ。似た仲間が多いが、その中では分かりやすい方ではないだろうか。
【参考】
林匡夫・森本桂・木元新作(編), 1984. 原色日本甲虫図鑑(IV). 保育社, 大阪.
日本産ゾウムシデータベース http://de05.digitalasia.chubu.ac.jp/ 2017.12.17 閲覧